ギックリ腰について

ギックリ腰について

*ギックリ腰のいろいろ

 

 ギックリ腰は、私の経験上、台風が近づいて来ているときと、季節の変わり目に急増します。こういったときには、早朝昼夜問わずにご予約のお電話が沢山やってきます。

 

 ですから、テレビの天気予報をみていて、日本列島に台風が近づいてくると「あぁ、ギックリ腰の人が来るな〜」と思ってしまうのです。

 

ギックリ腰

 

 不思議なのが、気候的には台風の影響が出始める前からギックリ腰が増えること。そして直撃の最中は少なく、そしてまた去った後に少し増える。

 

 おそらく、急激な気圧の変動がポイントなのでしょう。

 

 理由は腰痛と肩こりのところをお読みいただければ察しがつくかもしれませんが、体内の水力学系統の異常によるものです。つまり、内臓の位置異常や疲労によるところ。

 

 気圧の変動に比例して、体内水圧が大きく変化するからです。

 

 よく、ギックリ腰になった方にお伺いすると、事細かに「荷物を持ったとき」とか「朝顔を洗っているときに」などお話されます。実際のところ、腹圧という面では関係性はあるかも知れません。

 

 

 くしゃみや鼻をかむ時、物を持つとき等、力みますよね?あのときの体内の水圧は大きく変動をしてますから、それが切っ掛けになりうるでしょう。

 

 私は実際にギックリ腰の経験はありませんが、かなりキツイ痛みがあるようです。

 

 こんな感じ↓

 

ギックリ腰の原因

 

 

*整体で行うこと

 

 整体では、ギックリ腰によって破損されてしまった組織を直接治すことはできません。これは人間業では無理なのです。ですから病院などでも薬によって、痛みを一時的に感じなくさせる治療を行うわけです。結局は自然治癒力がキーポイントです。

 

 しかし、ギックリ腰になる前の体の環境では、また直ぐに再発してしまうことも考えられます。ですから、軽井沢整体SoWaCaでは、体内をギックリ腰にならないような状態まで整えることを行います。

 

 すると、運動範囲に余裕ができるため、大抵の方は、お越しになる前よりも、随分と痛みが減った状態で帰られます。

 

 そして、正しい場所に体を調節してしまえば、治癒のスピードは雲泥の差です。

 

 

関連ページ

肩こり
肩こりについて書かれたページです。内臓との関連性にも注目して施術を行っています。
腰痛
腰痛の原因はいまだにわかっていないことばかりですが、寝返りの数が少ないほど腰痛になる割合が多いという数字も出ています。
頭痛のついて
北軽井沢整体SoWaCaの頭痛について書かれたページです。頭痛は男性よりも女性に多く、ホルモンによる影響も大きいようです。